宿便解消テクニック

15.10.14 / 宿便について / Author: / コメントは受け付けていません。

基本的に、便秘は水分と食物繊維の摂取が不十分なことで起こります。
だから、水分と食物繊維を十分に摂取できる食事を心がけたいものです。

私は、最近、ダイエットのために、体組成計を購入しました。
体重だけではなくて、水分量や体脂肪量、筋肉量をきちんと管理するためです。
人間の体は、約60%の水分量が理想的であるとされています。
でも、私はもともとあまり水分を摂る方ではなかったので、計測してみたら、たったの50%しかありませんでした。
つまり、10%不足していることで、便秘が引き起こされていたというわけなんです。

それに加えて、野菜嫌いで、一日に食べる野菜というと、ハンバーガーに入っているキャベツのみだったり、ラーメンにトッピングされているネギのみだったり、明らかな繊維質不足でした。
一日当たり350gを摂取することが理想的ですので、食生活も見直してみました。
毎食100gのサラダを食べるように心がけた結果、お通じの改善に効果がありました。

水分にしても野菜にしても、その量も去ることながら、質にも気を配ることが重要です。
特に、ミネラルを多く含むものがおすすめです。
野菜ならば生野菜、飲料はミネラルウォーターを摂取するように心がけると、より、宿便解消に効果的ですよ。

あと、最も効果が出たのはハーブでした。
副作用のない自然の力で、宿便をごっそりおなかから追い出すことができました。
即効効果が期待できるので、今すぐにスッキリしたいという方におすすめです。
ハーブティやデトックスハーブなど、様々なものがあります。
自分の好みに合ったものを試してみましょう。

腸内環境を整える

05.09.14 / 宿便について / Author: / コメントは受け付けていません。

車のように、ガソリンを入れて活動して、エネルギーがゼロになったら、またガソリンを足せば良いというものならば、老廃物が出なくてスッキリですよね。
でも、人間は食べ物を食べてエネルギーを作り出して生きている生き物です。
だから、エネルギーを作り出すのと同時に老廃物が出てしまいます。

そこで、老廃物を処理してくれるのが腸です。
腸が元気でなければ、健康な体を維持できません。
元気な腸を維持するためには、腸内環境を整える必要があります。

腸内環境を整える善玉菌といえば乳酸菌が有名です。
乳酸菌が不足してしまうと、消化吸収がスムーズに行えなくなり、老廃物が溜まってしまい、便秘や病気につながります。
乳酸菌は、主に小腸で作用するものですので、腸までしっかり届く乳酸菌食品を食べる必要があります。
小腸までしっかりと届けられた乳酸菌は、食べ物の消化吸収がスムーズに行えるよう作用します。

外食やコンビニ弁当で食事を済ませたり、ストレスが多かったり、食生活や生活習慣の影響で、悪玉菌が増殖しやすい環境は作られます。
毎日の生活環境に不安がある方は、乳酸菌をたくさん摂取して、腸内環境が悪くなってしまうのを予防する必要があります。

納豆、味噌、酢、キムチ、ヨーグルト、チーズなどの発酵食品には、豊富な乳酸菌が含まれています。
しかも、腸内でのはたらきも活発なので、積極的に食べてもらいたいと思います。

また、発酵食品にプラスして、乳酸菌のサプリメントを摂取するのもおすすめです。
特に、植物性の乳酸菌は、動物性の乳酸菌と比較して、胃酸や熱に強い乳酸菌で、生きたまま腸まで届くと言われています。
ですから、できるだけ、植物性の乳酸菌を配合したサプリメントを利用すると良いと思います。

トイレの習慣

30.07.14 / 宿便について / Author: / コメントは受け付けていません。

女性の体の不快症状としてトップに躍り出ているのが便秘です。
しかし、すべての方が悩んでいるわけではありません。
毎日、おなかがスッキリしている方もいらっしゃいます。
このような方は、トイレの習慣がスムーズなんです。

トイレの習慣がスムーズな方は、食物繊維とオリゴ糖を積極的に摂取しています。
食物繊維とオリゴ糖は、便秘対策の強い味方です。

食物繊維やオリゴ糖は、野菜や豆類に多く含まれています。
キャベツ、ゴボウ、アスパラガス、じゃがいも、玉ねぎ、とうもろこし、大豆、枝豆などが、摂取源として理想的な量の食物繊維やオリゴ糖を含んでいます。

おなかがスッキリしている方は、毎日の食事で、積極的に野菜を食べることで、知らず知らずのうちに、腸が動きやすい環境が整えられているんです。

それにプラスして、意識的に腸内環境を良くしようとしている方は、サプリメントも利用しています。
ただし、サプリメントだけに頼るのはあまりおすすめできませんよ。
その理由は、腸内細菌のバランスが悪くなってしまう可能性があるからです。
本来は、より多くの食べ物から、色々な種類の繊維質や純度の高いオリゴ糖を摂取するのが理想的です。
ですから、あくまでも、不足分を補給する意味で利用するように心がけることが大切ですよ。

スッキリおなかを手に入れるためには、腸を動かしてくれる成分を、毎日コツコツと摂り続ける必要があります。
みなさんも、食物繊維やオリゴ糖をたくさん体に摂り入れて、スムーズなトイレの習慣を身につけましょう。

宿便とは

24.06.14 / 宿便について / Author: / コメントは受け付けていません。

宿便とは、便秘がちな人のおなかに溜まっている、食べ物のカスのかたまりのことです。
多い人では5キロにもなるそうなんですよ。
かなりの量ですよね。

これだけの便がおなかの中に溜まっていたら、おなかが苦しいのは安易に想像できます。
それに、何らかの異常が出てもおかしくありません。
肌荒れをはじめ、頭痛、めまい、食欲不振など、毎日の生活に支障が出るような不快な症状が出てきます。

毎日お通じがあれば宿便がないというわけではありません。
毎日出ている便は、日々食べているもののカスです。
でも、腸の動きが悪かったり、十分な水分が摂取できていなかったりすると、便が腸内に残ってしまうこともあります。
それが毎日積み重なることで、腸壁に徐々に少しずつカスがこびりついてしまうのです。
腸壁に老廃物がこびりついている場合、それは間違いなく宿便です。

自分ではどのくらいの量のカスがこびりついているのかわかりません。
でも、おなかをスッキリさせる方法はいくつかあります。
例えば、断食が一つの方法です。
二日間くらい固形の食事を摂らず、水分のみの食事で済ませる方法です。
この方法を行うことで、食べ物を吸収することに使うエネルギーを、老廃物を排出するためのエネルギーに当てることができるので、普段以上に便を押し出す力がアップするということなのです。
つまり、便秘がちな方でも本来の腸のはたらきを取り戻すことができるのです。

他にも、デトックスジュースを飲んだり、便秘茶を飲んだり、便を出しやすくするアイテムを活用する方法もあります。

私も便秘がちな時にはプチ断食を実践しています。
土日は会社がお休みなので、断食用のジュースを飲んで二日間を過ごします。
そうすると、二日目の朝には、自然な便意と共にスーッとウンチが出ていくんですよ。
普段ポッコリしているおなかがへこみますし、体重も減ります。
やっぱり、かなりの量の便が溜まっているんだということを実感しますよ。

もし、私のように便秘でお悩みの方は、是非一度、断食をお試しください。
でも、なかなか時間が取れないという方や、不安だという方は、デトックスジュースや便秘茶などの気軽にできる方法をお試しくださいませ。

宿便とは何ぞや?

29.05.14 / 宿便について / Author: / コメントは受け付けていません。

私は、もともと便秘体質ということもあって、宿便に悩まされ続けていました。
毎日トイレの習慣があって、スッキリしていらっしゃる方には判らないかもしれませんが、具合が悪くなるほど苦しいこともありました。

みなさんの中にも、宿便が溜まっておなかが苦しくてしょうがないという経験がある方がいらっしゃると思います。
そこで、私がおなかスッキリのために心がけていることをご紹介したいと思います。
その前に私も普段から参考にしている宿便を出すための解説をしているHPも紹介しておきます。
⇒ 宿便を出すには?私の方法

まず、無理をしない程度の筋力トレーニングをしています。
腹筋トレーニングをして、腸を動かすための筋肉づくりをしています。
トレーニング中にも腸が動きますので、便意を催すこともあって、便秘解消に効果的なんですよ。

あと、水分の摂取量を増やしました。
今までは、500mlくらいしか飲んでいなかったのですが、1.5Lに増やしました。
水分は腸内を通過する時に、ほど良く刺激してくれるんです。
今までは、摂取量が少なかったので刺激するほどではなかったのですが、3倍の量を摂取することによって、腸が動いている感じがスゴイんです。
キュルキュルと音が鳴って、トイレに行く回数も増えました。

また、食生活もガラリと変えてみました。
野菜をほとんど食べていなかったのですが、毎食最低でも100gの野菜を5種類は食べるようにしました。
キャベツ、ごぼう、にんじんなどの繊維質を多く含む野菜を中心に、色々な野菜を積極的に食べています。
面倒な時は、コンビニやスーパーの惣菜コーナーにある野菜サラダを買うのも、ちょうど良いサイズなのでいいですよ。

オリゴ糖も飲んでみましたそして、最も効率的で効果があると思ったのはサプリメントです。
食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌などのサプリメントを飲んでいます。
ホントにおなかの調子が良くなって、毎日一回は必ずお通じがあります。

偏った食事をしていると、体内に老廃物が蓄積されていきます。
その顕著な現象が便秘であり、宿便なのです。
単純にウンチが溜まっておなかが苦しいだけではなく、ガスが溜まったり、腸壁にカスがこびりついて取れにくくなったりします。
その結果、吹き出物などの肌トラブルや、ひどい場合は腸の病気を引き起こしてしまうこともあります。

宿便というものは、とっても恐ろしいものなんですね。
ウンチはいらなくなったもののかたまりです。
いつまでも腸内に留めておく必要はないのです。
通常、24~48時間で体外に排出されるのが理想的です。
 
↑こちらについては宿便解消・宿便を出す方法にて書かれていました。

腸の動きが良い方は、この時間のサイクルでスムーズにウンチが出ていきます。
でも、腸の動きが悪い方は、ずっとウンチが居座り続けます。
放っておかずに、スムーズな腸の動きを作り出す必要があります。

便秘と宿便がもたらす影響は、うつ病、ガン、肌荒れなど、小さなトラブルから大病にまで及びます。
健康のためにも美容のためにも、毎日の生活習慣を見直してみましょう。